一般分類: 政府出版 > 文化藝術
     
    山?越? 海?抱?-?道2A?線陽金街道[附光碟]
    編/著者: 李瑞宗
    出版社:
    出版日期:2020-07-01
    ISBN:9789865311681
    參考分類(CAT):文化藝術
    參考分類(CIP): 交通

    優惠價:9折,360

    定價:  $400 

    ※購買後立即進貨

     
     
     
    分享
      買了此商品的人,也買了....
    定價:600 元
    特價:90折!540
     
    定價:500 元
    特價:90折!450
     
    定價:500 元
    特價:90折!450
     
    定價:350 元
    特價:90折!315
     
    定價:300 元
    特價:90折!270
     
      | 內容簡介 |
    內容簡介
    ここは国道2A 号線、全長37 kmの終点である中山民権交差点。 物語の始まりはさらに南に位置する行政院(内閣府)からスタートします。国道2A 号線の他に4 つの国道がここからスタートします。東に、台北と基隆を繋ぐ国道台5 線、通称北基公路。南に、台北から花蓮を経て楓港を結ぶ国道台9 線、通称東部幹線。西に、台北から東勢を通り屏東を繋ぐ台3 線、通称內山公路。北に、台北から桃園を結ぶ台1 甲線、通称一省道が行政院を起点としています。 中山北路にははどんな歴史、建築物、ストーリーが隠れているのでしょうか?中山北路の西側は一段の中山市場、二段の双連朝市をはじめとする、台湾特有の文化が色濃く滲むエリア‘ 秘密結社’ の台湾人街とでもいいましょうか。正午から黄昏時にかけてローカル色の強い八百屋、肉屋、食べ物屋が出揃いはじめます。それとは対象に東側は国際色が色濃い街並みが顕れます。中山北路一段の日本人街、二段の教会、アメリカ人街は三段と住み分けられています。そこに最近『文芸青年』略して文青といった、若者向けの隠れ家的ショップがちらほらと台頭して、台北の現代を象徴する新たな指標になっています、しかし根底には‘ 秘密結社’ と外国人街の二大勢力によって街は成り立っています。